なぜ注文住宅はイメージどおりの家造りが難しいのか

憧れの注文住宅を建てたら、大失敗したという話は多いです。賃貸住宅や建売住宅とは異なり、注文住宅は完成した状態を見てから決めることができません。設計図で入念な設計をすることはできますが、実際の建物を見るのは完成後になるでしょう。だからこそ仕上がりがイメージと違うという問題が起こりやすいのです。

住宅設計には多くの時間をかけて詰めていく必要がありますが、それでも完璧を実現するのは難しいです。入居前にすべての問題を洗い出すことは困難であり、多くの人は住んでから問題に気づきます。特にイメージと離れた仕上がりになりやすいのはフルオーダーメイド住宅です。自分たちで自由に設計できるからこそ、失敗するリスクも高くなるわけです。

設計図だけで詳細なイメージは困難

住宅の設計図を見るだけでは、日当たりや騒音、家事のしやすさなどを明確にイメージするのは難しいでしょう。これはスペースに関しても言えることで、十分なスペースを用意したつもりでいても、いざモノを置くとおどろくほど狭くなるというケースは多いです。部屋の狭さは住みにくさに直結し、室内を普通に移動するだけでもストレスを感じたり、家具に身体をぶつけたりする可能性があります。セミオーダーメイド住宅の場合は、フルオーダーメイドと比べて住宅設計の自由度は下がりますが、イメージに近づけやすいメリットがあります。こだわりを追求すると、住みにくい住宅になる可能性が高いので、こだわりより快適さや便利さなどを重視してみましょう。