コストが高くなる理由

注文住宅は自分たちの要望を叶えやすい半面、建売と比べるとコストが高くつきます。建売は予め決まった間取りで造るため、建築材料を一括購入することができます。そのため費用を抑えやすくなるのですが、注文住宅だと材料を一括購入するのが難しく、その分コストが高くつくことになります。また、土地を購入したり、建築はもちろん各種手続きを進めたりするのにも費用がかかります。ですから初めに、注文住宅を建てるにあたってどの程度まで予算を確保することができるのか、確認しておくことが重要となります。なお、土地の購入については、注文住宅を建てる地域や場所が利便性に優れ立地条件が良い場合には、コストが高くなる傾向があります。

コストを抑えるために

注文住宅のコストを抑えるのにまず考えたいのは、間取りや建築資材です。キッチンやトイレ、洗面所、浴室等の水回りを、できるだけ近い配置でまとめると、配水管の工事が簡素化でき、その分費用を抑えることができます。また、床材や壁材等はメリハリをつけて素材選びをすると良いでしょう。高価な資材を使って費用をかける部分と、安価に抑える部分とを分けて考えることをお勧めします。

注文住宅を建てるのに建築費がかかりますが、依頼先によって費用相場が変わります。大手ハウスメーカーは高く、地元にある工務店は安い傾向にあります。設計事務所ですと、工務店よりはやや高めになるでしょう。こうした依頼先をどこにするかについても、総費用を抑えるための一つの選択となりますので、検討してみましょう。

建売住宅とは、ハウスメーカーが設計して建築した一戸建て物件のことをいいます。間取りや内装があらかじめ決まっているので、購入前に確認することが出来ます。