自ら設計に携わった家が出来上がっていくのを見られる

注文住宅では、施主が設計に携わることができます。特にフルオーダータイプの注文住宅では、間取りを始めとして、外観や内装のデザイン、使用する設備など、施主が内容を決められる部分は非常に多いです。そして、当然設計が完了してから施工に入りますが、建築現場の見学が禁止になっていることはまずありません。つまり、施主は自ら設計に携わった住宅が、更地の状態から完成するまでを見ることができます。

それが注文住宅の魅力のひとつで、こまめに建築現場に足を運んで、出来上がっていく様子を確かめる人は少なくありません。施主が建築作業を行うことはもちろんありませんが、設計から完成までの全ての工程を見守れるため、住宅に対する思い入れは強くなるでしょう。

手抜き工事の防止になる

住宅には、残念ながら手抜き工事が行われることがあります。法的には問題がなくても、些細な部分で手を抜いて、細かなデザインの歪みが出たり、住宅の寿命が縮んだりします。そして、建売住宅の場合、完成した状態では手抜きした部分がわからないことも多いです。その点注文住宅であれば、建築段階で細かく確認すると、手抜き工事のリスクを下げることができます。工事を行っている職人は、施主に見られながらの作業で、より良い仕上がりにしようと頑張ってくれるでしょう。もちろん、正しい施工を行ってくれるハウスメーカーや工務店に依頼をすれば、確認しなくても手抜きなどしないはずです。けれど、確認をすることで、施主側も安心できるでしょう。

分譲住宅は景観や統一感が優れていて、購入する際のメリットになります。予算等を考慮しながら、購入を決める方法も可能です。