自分の理想の家を一から考えられる

一生に一度の大きな買い物であるマイホーム、せっかく建てるなら自分好みの家づくりをしたいものです。注文住宅は、家を建てるための全てのことを自分で決められるという大きなメリットがあります。例えば、ハウスメーカーや工務店を選んだり、自分がおかれている環境、家族構成、将来などを見据えて家づくりをすることができるのは大きなメリットと言えるでしょう。夫婦二人だけなら、部屋数よりも自由度の高い間取りで平屋にするとか、家族が多ければ狭くても個々の部屋を確保するなどです。また、趣味の時間を充実したければ、庭を広く取ってガーデニングを楽しんだり、一人で寛げる書斎を設けるなど様々です。住む人にあった家づくりを一から考えることができます。

家づくりの過程を見届けられ、アフターフォローもあり安心

注文住宅の良さは、理想とする家づくりを完成まで自分で見届け、確認できることもメリットです。間取りや設備はもちろん、家の平面のみだった設計図が日ごとに立体化して希望と共に夢がどんどん形になっていくのも醍醐味です。一つ一つ確認もできるので、建築に係る建築士や大工、施工業者ともコミュニケーションを取りながら進めていけるので、施工中にも色々な専門的なアドバイスやちょとした変更も可能なので、自分の理想に近づける家づくりをする事が可能なのもメリットと言えるでしょう。造り手と住む人との距離が近いのも注文住宅の良さです。また、生活し始めてから不都合な点や長く住んでいるうちにメンテナンスが必要な時もアフターフォローもあり安心できます。

子育て世帯でご近所トラブルの原因となりやすいのが「騒音」です。子供がいる場合は家の中を走り回るなど騒がしいことが多いので、新築一戸建てであれば、騒音でご近所に迷惑をかけるリスクを減らすことができます。